マヌカハニーのUMFとは?UMFの歴史を徹底調査!

UMFとは?

UMFと言いますのはマヌカハニーの目安の値に相当しますために開発された1番先のブランド名のコードです。マヌカハニー探求のパイオニアだというピーター・モラン博士が1998世代に確定した数値で、いちばん一般的な数値と言えると思います。

「Unique Manuka Factor」を省略したもので「マヌカハニーの特異な要素」といった主旨を持ち合わせているつもりです。UMFと申しますのはマヌカハニーの抗菌根本の濃さを測定したのが通例です。

UMFはニュージーランド政権政党が100%資金を投入いる診査政府機関でシビアに究明され、パスしたやつにしか明記されません。簡単に言うとこれらの明記が取り付けられているマヌカハニーは政権政党が承認した公式品ワケです。

UMFの歴史

UMFとは、マヌカハニー科学者の中には多種多様なキャリアを残したピーター・モラン博士に影響されて開発された、マヌカハニーのスペックです。ユニーク・マヌカ・ファクター(Unique Manuka Factor)の頭文字をとってUMFと称されています。

UMFの数量は、健康管理に効き目がある成分などが配合されている数量を指し示しています。ひとつの例として、マヌカハニーには、UMF5+、UMF10+、UMF15+、UMF20+、UMF23+をはじめとするデータが取り付けられていらっしゃいますが、このデータが確実であるほど、健康管理に絶対必要な素材が多量に到達するとされていると思います。

さらに、UMFは、フェノール溶液と照らし合わせて考査されいたんです。一つの例として、UMF5+のマヌカハニーは、5パーセント濃い薄いのフェノール溶液、UMF10+のマヌカハニーは、10%濃さのフェノール溶液と同じ程度のパワーが備わっていると想定されているのです。

フェノール溶液と見比べて注ぎ込んだUMFは、「UMF10+」や「UMF20+」というようなデータで表されます。

言ってみればこちらのデータは、ニュージーランド政権政党行政機関のアドバイスを参考にした医療機関が、精密に仕上げた観察・計測などを通して記しています。

マヌカハニーの”独特なパワー”。残念なことに明白になると共にいろいろな論点が生じていたんです。
30年くらい前ニュージーランドからグローバル規模で火がついたマヌカハニーの”特徴のあるパワー”はマヌカハニーの中であっても選ばれたマヌカのみで見受けられる抗菌性となっているのが確認できました。
追究が加速すると共に、この”独特なパワー”は、マヌカハニー全体的な収穫高の中におきましておおむね10~20パーセントしか見受けられない事例が判明しています。
それを回避するためにマヌカハニーをレベル分けする必要性が生まれます。このガイドラインがUMFです。
マヌカハニーが健康的!というのは無理な話です。”独特なパワー”を所有している「UMF®マヌカハニー」が真の実力があって滅多に無いものなのです。

しかしながらここでまたまた腹立たしい課題が出現します・・・・。

マヌカハニーが持ち合わせる大規模な課題と申しますのは・・

マヌカハニーが持ち合わせる大規模な課題。もちろん…「ダミー品」になります。

本当のことを言うとマヌカハニーというのはUMF®のある場合とない場合で味覚にこれっぽっちも見分けがつきません。
”特殊なパワー”とは無関係の高くはないマヌカハニーを割高で売り払う販売会社が登場してきてしまったわけです。
それを避けるために実現された考え方が ニュージーランドのハチミツ協会「UMFHA」になります。

UMFHAになりますが、UMF®マヌカハニーを採用している会社組織を証明書化し、マヌカハニーの感想一定水準を設定しています。
同様にいろんな地域マーケットの内偵を調査し物流方法を指揮し、劣悪品の売買を行なう団体を想定した撤去をスタートするなどといった対策法を講じているわけです。
除去実施したブランド名は協会からの認定マークであるUMF®マークを標榜することができません。
ある国のUMFHAの調査では販売されているマヌカハニーの3相当分の2でラベルと内容の当てはまりませんでした。
UMF表示をきちっと出来るか出来ないか。まさにそれが正真正銘の物か棚崩れ品かの線引きだと考えてもらいたいです。
UMFHAが提供しているマヌカハニーにすれば言うまでも無くUMFレーベルが備わっている「正真正銘のマヌカハニー」ということです。

因みに、UMFスペックを採用することを望むなら、UMFハニー協会に加入することになります。UMFが載っているマヌカハニーは、フェノール溶液と照らし合わせてた際の数値といった主旨と同時に、ニュージーランド政権政党やUMFハニー協会にも許可されたハイクオリティーのマヌカハニーと言えるに違いありません。

UMF表示までの一連の流れ

マヌカハニーの消毒力はUMFという数のナンバーで表示しております。
マヌカハニーが保持しているオリジナルな成分はUMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)と呼ばれる規準で含有量をナンバーで記されています。
先ほども述べさせて頂いたわけですが、UMFはニュージーランドの蜂蜜協会認可のガイドラインです。

分かりやすい認証に至るまでの方向感を言ってみると

①採取されたマヌカハニーはドラム缶で収集されるそうです。

②しばらく保存したマヌカハニーはドラム缶各々にサンプリングが行われニュージーランドの研究所で診断をうけるのです。

③ドラム缶各々にUMF数値が与えられます。

④しかしこのタイミングで生み出されるUMF®値と申しますのはひとつの例として「13.2」とか「9.5」など微細な数値です。

⑤データ数値がおっきいと稀有性も上昇するが為に値段も張りますが、分類化があまりにも細々としたのだと把握することができづらくなっていくというわけです。

それを回避するために
⑥ニュージーランドでは一般的に考えて〜以上と一致する
「+」を活用することになりました。

一般的にはUMF®マヌカハニーは5〜10未満、10〜15未満という様に、5.0毎に分割されていると考えられます。

あり得ないことかもしれませんが、10+はUMF®値10.2等14.1というような10オーバー15内のタイプを一括して取り扱い明記しているそうです。
そんな訳で15+は15以上で20未満であることを意味しています。
皆さんも手に入れる際にはUMF®の数字を確実にチェックしてみましょう。
UMF14.9とUMF15.1そうであるならUMF®数値はほとんど同一ですが、販売価格はまるっきりバラバラになってきます。
そういうパターンのとき10+を買い上げた方がよっぽど安くなることを表していますね。
そのことに昨今ニュージーランドで明記に関した大事な基本的な法則生成が開かれていました。
2015年の1月1日より、料金が必要な誤った認識の明記を回避するため、『トータルアクティビティ』又は『アクティブマヌカハニー』、『バイオアクティブ』などといった記載が差し止められたのです。
グローバル規模で、レーベル明記が怪しいマヌカハニーが溢れかえって仕舞っていますことを通じて、ユーザーことを望むなら非常に間違いないルール作りになります。

世界中でもUMF®規定がマヌカハニーの信頼の置ける証拠という形に当てはまります。

アクティブマヌカハニーとは?

マヌカハニーの中においてダントツに、健康状態を管理することに戦力になるタイプのマヌカハニーを「アクティブマヌカハニー」と言われていてますが、アクティブマヌカハニーだということですかどうであるのかは、UMFで把握できます。

具体的にいうと、UMF10+を上回る大量のマヌカハニーがアクティブマヌカハニーになりますから、体調を維持することにすごくお奨めです。

UMF+10より多い数量のマヌカハニーは、極めて大切で、原産国のニュージーランドでは医療関係の職場であっても活用することが出来るほどです。

余談ですが、UMF+5のマヌカハニーは、UMF+10以上のマヌカハニーと見比べて意外とリーズナブルなことにより、常日頃より体内に取り入れる状態にピッタリ合うと言えるでございます。

MGOとどう違うの?

マヌカハニーの成分明記には、UMFに左右されることなく、MGOといった記載されています。UMFがフェノール溶液の濃い薄いと対比させたデータを確認できるようになっているのに関して、MGOはマヌカハニー1kg辺りに、メチルグリオキサールが含有される量(mg)を正確に意味しています。

UMFの表記を確認して、マヌカハニーを選んでみよう♪

本日は、マヌカハニーに用いられるUMFという表記についてご紹介しました。

マヌカハニーにおいては、ピーター・モラン博士の影響を受けて開発されたUMFという名のスペックが存在します。UMFは、NZ政権政党行政機関の方針の基準を守った検査機関により、精密な分析・測定が行われたマヌカハニーにのみ使用が許可される規格です。そのため、UMFが記載されたマヌカハニーは信頼できるといえるでしょう。

この場を借りてご紹介したデータを活用して、UMFの明記の理由を頭に叩き込んで、マヌカハニーチョイスに役に立ててほしいと思います。

例えば、マヌカハニーショップBeeMeでしたらUMFはたまたMGOの規準の分析書がセットされている、信頼性のあるマヌカハニーを取り扱っています。

アクティブマヌカハニーを踏まえた、かなりのナンバーのマヌカハニーのラインナップしが存在しますので、せひ各々に当てはまるマヌカハニーを発見してみるといいですよ。

マヌカハニーと照合されているフェノール溶液と申しますのは、殺菌液の中には活用されると同様の消毒力がある溶液です。フェノール溶液の消毒力は、1パーセントまで薄めたフェノール溶液でも認可されており、ケガをはじめとする殺菌液という場合でも適応されてるのです。

正真正銘のマヌカハニーのセレクトの仕方

NZで一番伝統がある証明政府機関UMFハニー協会が行なうユニーク・マヌカ・ファクター(UMF)査定形態を採用し、この世界規準トライ&エラーをクリアーしていると言えます。
評価規準を各自で実行されている商標も存在しますと聞きましたが、UMFレーベルとは関係なしに、協会コードと資格番号まで調べられる事をオススメします。

【マヌカハニーはこんな時にプレゼント出来る!】

お中元、お歳暮、お年賀、母の日、父の日、粗品、御祝、ごあいさつ、御挨拶、内祝い、お返し、御礼、還暦祝い、引越のご挨拶、帰省、手土産、お誕生日お祝い・バースデイ・クリスマスプレゼント・バレンタインデー・ホワイトデー・結婚記念日・贈り物等

マヌカハニーの木について

マヌカハニーについては、ニュージーランドに生えているフトモモ科〔Leptospermum scoparium〕花を蜜とする蜂蜜のことをいいます。
和名では、ギョリュウバイ。

暑い季節には、梅の花みたいなちっちゃい純白の花が咲きます。
こういう花が咲いているおおむね1か月の期間のみが流蜜期。
選ばれたきわめて何週間じゃなければ、マヌカハニーを採取することは不可能の数量もの、非常にレアもののハチミツなのです。

マヌカというのは、ニュージーランド現地人となっているマオリ族の単語で「いやしの木」「復活の木」ということを意味します。
マオリ族は早くからマヌカに身体のトラブルに役立つ長い歴史を持つ事を、理解していて、葉や樹皮を煎じては風邪症候群の際に鼻から吸入してみたりとか、胃の不具合の時には抽出物を飲用するとか、スキン疾患についてはそれを塗り付けたりしてたのです。
まさしく、自然のままのプレゼントだと言ってもいいでしょう。

UMF 5+ = MGO 83
UMF10+ = MGO263
UMF15+ = MGO514
UMF20+ = MGO829
UMF25+ = MGO1200

このような、数値になっています。

是非参考にしてみてくださいね^^