マヌカハニーの効果と副作用は?

マヌカハニーの効果と副作用とは?

マヌカハニーの効能や効果は、抗炎症作用や抗菌作用があることで有名ですが実は、傷薬としても使うことができると知っていましたか?
これはニュージーランドの人々が考えた昔ながらのおまじないのような方法なのですが。
日本にも昔流行りましたよね。傷を作ったり火傷をした場合アロエですると効果的だと。そういう治療方が流行りアロエを育てる方がかなりたくさんいたのを覚えてますでしょうか。
そのようにニュージーランドのマヌカハニーの地元の人たちはマヌカハニーを傷口に塗っているようです。そして喉がやられたときや声がガラガラになってしまった時、風邪をひいてしまった時のお守りにも役立っているようです。

さらに言えば、胃炎胃がんの原因とされるピロリ菌インフルエンザや感染症喘息口内炎歯周病虫歯整腸作用便秘解消ニキビ治療などかなり優秀な蜂蜜だと言えるでしょう。
ニュージーランド産の蜂蜜なので日本では手に入りづらいのですが通販を使えばすぐに手に入ります。
マヌカハニーはメチルグリオキサールという抗菌作用これが MGO と言われるものなのですが、 MGO の記載が義務付けられています。

MGO の記載が義務付けられているということを知っている方はなかなかいないと思います。 Umf だけと勘違いしている方も多いです。

マヌカハニーは胃もたれや胃痛なのにも効果的と言われてますが、そういう効果を感じたいなら umf 15以上ぐらいがおすすめです。

しかし15以上に行ってくると値段もそれなりに高額になってきます。

マヌカハニーの副作用とは?

マヌカハニーは丸々自然界由来成分が理由で、反作用は存在しないと現代社会において高い支持となっていますが、論理的な面からも副作用の可能性はめったにないではないかと考えます。

それに加えて、マヌカハニーは現代では120カ国以上で医療関係用としての活用結果がありますけれど、ジワジワと効き目が目立たなくなるなどといった健康的にの危険性や副作用と言われるのは、医療関係現場経由でも指摘されていないです。

マヌカハニーは、従来世界各国の多くの機関で探究されてきたのです。

研究の先駆けということでメジャーなのは、ニュージーランドの国立ワイカト大学のピーター・モラン博士です。彼のリサーチ公開にあたって、マヌカハニーには抗菌・殺菌働きがあるが、抗生剤といった化学薬剤に思われるといったような体躯に掛かる一理あり菌なんて攻撃してしまう威力や、抵抗する力菌の発生を持ち合わせてなくて、リアクションの胸の重みは大抵無駄という事例が報告されています。

抗菌作用が強力で危ういと考えられるのでは?反作用が見られるのでは?と怖く考え、反作用といったケースについて聞いてみました。

常日頃から小さじ1杯を4回、4週間ぶっつづけて食べ続けても健康的マイナスが出ないというニュージーランドの治験解答があり、ニュージーランドでは医療関係用の薬として処方箋されているものなので、安全性は高めになっています。

かと言って、暴飲暴食や皮膚に対しての塗布に影響を受けるかゆみなど、アレルギートラブルにならないだけではないのです。

始めはわずかから、適度の量を味わってみることに注意しましょう。

稀にアレルギーも?

過剰な稀ですが、はちみつに対しアレルギーが出ることが多々ある方がいます。

アレルギー体質であったり、思い当たる節がある方はマヌカハニーを試食してみるの直前にちょっとを皮膚につけてみたりとか、シンプルなアレルギー試験をトライしてみましょう。

はちみつでアレルギーが出ることが多々あるといった場合の背景としては2つあったのではないかとされており、1つははちみつの状態である少々の花粉に反作用するとなると思われるもの。

もう片一方は大差なくはちみつに少量組まれているハチの分泌物に応じて、重症じゃないアナフィラキシーショックを引き起こしてしまうといった実例。

どちらの方もアレルギーが出てしまうおそれはずいぶん下がったではありますけれど、万が一にもことだって見られますので、やり始めて口に入れるときは意識してください。

万が一の時の為に、アナフィラキシーショックが小さな子等に引き起こされてしまったときの対処方法を教えたいと思います。

アナフィラキシーショックとは?

(1)定義
アレルギー反応により、じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、咳、
ゼーゼー、呼吸困難などの呼吸器症状が、複数同時にかつ急激に強く出現した状態をアナ
フィラキシーと言います。その中でも、血圧が低下して意識の低下や脱力を来すような場
合を、特にアナフィラキシーショックと呼び、直ちに対応しないと生命にかかわる重篤な
状態であることを意味します。

(2)原因
児童生徒に起きるアナフィラキシーの原因のほとんどは食物ですが、それ以外に昆虫刺
傷(蜂など)、医薬品、ラテックス(天然ゴム)なども原因となります。
(3)症状
皮膚が赤くなったり、息苦しくなったり、激しい嘔吐などの症状が複数同時にかつ急激
にみられますが、もっとも注意すべき症状は、血圧が下がり意識の低下がみられるなどの
アナフィラキシーショックの状態です。迅速に対応しないと命にかかわることがあります。

アナフィラキシーショックになってしまったときの対処

(4)治療
具体的な治療は重症度によって異なりますが、意識の障害などがみられる重症の場合に
は、意識状態や呼吸、心拍の状態、皮膚色の状態を確認しながら必要に応じ一次救命措置
を行い、医療機関への搬送を急ぎます。その上で、適切な場所に足を頭より高く上げた体
位で寝かせ、嘔吐に備え、顔を横向きにします。

マヌカハニーを食べる上で注意すべきこと

1歳未満の赤ちゃんに、はちみつ(マヌカハニー)をもたらすと乳児ボツリヌス症を発症してしまうということが見受けられます。

ボツリヌス菌と呼ばれているのは地面の下等に広めに存在する細菌で、本来ならあり得ないことかもしれませんが私どもの身体内に加入したとしても何一つ心配する必要はないのですが、赤子のケースでは、まだまだ腸内環境が整っていないとのことですから菌が増加して、その有害物質に歯向かえないことが発生します。

乳児ボツリヌス症が発生すると元気の消滅、便秘、ほ乳力のダウン、泣き声の変貌、首のすわりがおかしくなる、というようなトラブルが現れてきたりすることになります。

あまり考えられませんが引き起こされてしまったとしても間違いのない治療法をすれば回復する確率が高いですが、その他には命を落としてしまうというのがあるということです。

マヌカハニーの効果的な食べ方

マヌカハニーは価値のある栄養分をキープしていますが、そちらを全て摂り込むことを望むなら温めないで可能な限り生のまま食べることをお奨めいたします。副作用がないとはいえバクバク食べるとお腹を壊してしまう危険もあるので、少しずつ食べましょう。

マヌカハニー(はちみつ)にはいり込むビタミンや葉酸、ナイアシンなどの栄養成分は高温にデリケートで、40度より高く熱を加え続けると成分が崩れてしまい、栄養物・ビタミンの保持している真の力を行使不可能になってしまうこともあると聞きます。

マヌカハニーオンリーワンの抗菌力(メチルグリオキサール)はずいぶん高温に力を発揮するので、紅茶やホットレモン等に注いだとしても問題無く抗菌作用を見せつけてくれますが、やっとこさっとこ価値のある栄養成分が存在するでしょうから、熱を加えないで生のまま食べることを推奨します。

マヌカハニー(はちみつ)はメタルに接触しると連鎖反応を発足させ、栄養分の原料品が変質して意味無しが生じてしまいます。

そういう理由でケースから引っ張り出すときはプラスチックのスプーンを活用するようにすべきです。思っている以上に知識がないほうがたくさんいらっしゃるので注意が必要必要不可欠です

マヌカハニーの偽物に注意?!

ニュージーランドの限られた地域でしか取れないのがマヌカハニーです。しかも一年に採取されるマヌカハニーの量はしっかり決められています。

法律でこれだけしか取れないという禁止されてるわけではないのですが、マヌカハニーの花が限られた数しかないので最終的にどのぐらい取れるかというのが分かるのです。それなのに、マヌカハニーを語る蜂蜜はかなりの数あります。

マヌカハニーとは言えないような蜂蜜。そしてマヌカハニーに似ているマヒカハニーというのもありますがそれはまなかとは全く違うはちみつになります。抗菌作用もマヌカハニーほどあるわけではないのに、マヌカハニーとして売られているのです。

マヒカハニーが悪いわけではありません。マヒカハニーをマヌカハニーと見せかけて売るのが良くないのです。

こういった偽物が横行しているとしたニュージーランド政府は本物のマヌカハニーを見極めるためマヌカハニーの瓶の紙に umf と MGO の記載を義務付けました。

そのため umf が入ってないことにはマヌカハニーと呼ぶ必要がないということで、政府が umf と MGO の記載を義務付けたのです。

もちろんマヒカハニーには umf と MGO の記載はありません。ハチミツにもありません。マヌカハニーだけが umf と MGO という記載が許されています。

どうやって実験されるのかと言うと、実を言うと umf は人の目で判断されます。ですので少し危ういというのが本当のところ。

しかし MGO は機械でしっかりと判別するのでどちらかといえば MGO を信頼するべきでしょう。

でもしかし umf も別にそんなに悪いわけではなく、ほとんどのマヌカハニーは umf と書かれていますよね。

実際umf というのは、マヌカハニーの抗菌作用が見つかった一番最初の抗菌作用の表示方法です。 MGO よりもはるかに先輩です。Umf の表示方法2疑問を持った研究者がもう少し精密に検査をできないかということで考えられたが NGO です。人の目だけではなく機械の数値で判断するので MGO の方が正確でしょう。

そしてさらに最近 MGO と umf が合体した MGS という単位も出てきました。 MGS は今言った通り umf と MGO が合体したもの。

MGS は境界マヌカハニーの考案者であるピーターモラン博士が開発した単位です。
ピーターモラン博士は残念ながら去年お亡くなりになられましたが、ピーターモラン博士の意志を継ぐ方たちがマヌカハニーを守ろうと必死になっています。

マヌカハニーを買うので注意をして欲しいことはしっかりと本物かどうか見極めるということです。

本物かどうか見極めないと高いお金を出して買ったマヌカハニーは偽物だったなんてことがたくさんあるのです。

マヌカハニーの効果が感じたいなら最低でも umf5はないといけません。
その数値を MGO で表すとなると MGO 100ぐらいでしょうか。

かなり効果を感じたい場合は umf 15くらいないと明らかな効果を感じることは難しいでしょう。

そしてこの数値が大きくなることによって副作用が強くなるなんてこともありませんのでそこは気にしなくても大丈夫。副作用を心配している方はたくさんいますが、マヌカハニーは薬ではなく食品です。

確かに医療用としても使われていると書きましたが、今のところ MGO 1200など医療用で使われているマヌカハニーを食べたとしても副作用は今のところ報告されていません。

自然本来の食品オーガニックなはちみつだから副作用の心配がないと言えます。

しかし先ほども言ったように、赤ちゃんのボツリヌス菌だけは気をつけてください。
手遅れになってしまうと本当に最悪な事態になってしまいます。もしもあなたが子供にどうしてもあげたいというのなら一歳以上にしましょう。

一歳以上なら蜂蜜は食べられますが本当のところを言うと3歳までは控えてほしいというのが本音です。抗菌作用が強すぎるため抵抗力がないや子供が食べると副作用の報告がないとはいえ心配だからです。これはあるマヌカハニーのショッピングサイトにも書かれています。マヌカハニーの専用ショッピングサイトにも書かれているぐらいなので、できるなら3歳以上がおすすめです。

マヌカハニーを犬に与える場合副作用はあるの?

マヌカハニーを犬に与えたいという人も結構いるんですよね。はちみつは与えることはできますが、マヌカハニーはどうなのでしょうか。
マヌカハニーも与えることは可能ですが、与え過ぎに気をつけましょう。犬と人間の体では仕組みが違いますですから、ある時マヌカハニーが原因でアレルギーになってしまったりするかもしれません。

可能性がゼロだとは言えないので絶対にマヌカハニーを与えるときは最初は少しずつ多くてもスプーン一杯ぶんだけにしておきましょう。

人間でも1日スプーン一杯ぶんという目安があるので犬に与える場合はティースプーンぐらいの小さいスプーンでオッケーです。

特に小型犬ならもう少し少なくてもいいかもしれません。

副作用は人間人間と同じようにそんなに心配することはありませんが、万が一アレルギーになってしまった場合は獣医さんに相談しましょう。

そして、子犬に与えるのだけはやめてくださいね。赤ちゃんと同じようにボツリヌス菌があなたの声の体を蝕んでしまいます。

子犬も赤ちゃんと同様を長が発達していないのでボツリヌス菌にかかってしまうのです。

マヌカハニーを犬に与えたい場合は副作用は心配はないと思いますが与えすぎずボツリヌス菌に気をつけましょう。